ブラウザが違うとWEBサイトも違う

インターネット上でホームページやブログ記事などを観るために必要不可欠なのがブラウザです。

 

Windowsであればインターネットエクスプローラー、AppleであればOperaなど、パソコンを買うと、通常ブラウザもインストールされています。

 

その他にも検索エンジンのGoogleが開発したChromeといわれるブラウザや、インターネット初期から使われていたブラウザの後継版のFirefoxなど、様々な種類のブラウザがあります。

 

最近ではスマートフォンにも専用のブラウザがあり、WEBサイトを閲覧することができますが、実は、ブラウザの種類によって、WEBサイトの見え方って違うのです。

 

WEBサイトをインターネット上で観るために必要なのがHTMLと言われる言語で、そのHTML言語を、デザイン的に装飾する役割を担うのがカスケーディング・スタイル・シート(CSS)です。

 

このHTMLとCSSは、使用するブラウザによって使える機能が若干異なるので、ブラウザが違うとWEBサイトの見え方も違ってくるのです。

 

企業など大規模なWEBサイトは、そうしたブラウザによる見え方の違いを考慮し、ブラウザごとの表示の不具合をなくすため、プログラムを作成して、WEBサイトを見に来た人のブラウザに合わせたデザインを表示できるようにしてあります。

 

実は、WEBサイトやホームページテンプレートを作るデザイナーやプログラマーが一番苦手なのが、最もシェアの高いインターネットエクスプローラーのブラウザです。

 

最近のバージョンではデザイン機能に対応したプログラムが表示できますが、一昔前のインターネットエクスプローラーは、そうしたデザイン機能のプログラムが使えないことが多く、作成者泣かせと呼ばれていました。

 

私達が普通にみているホームページでも、裏側ではいろいろな技術が使われているのです。

ドメインゲッター公式サイト

ブラウザが違うとWEBサイトも違う関連ページ

WEB製作スキルの自主練